デジタル払いの仕組みとは何?使用方法やメリットデメリットとは?

内閣府から2021年4月5日に、給与をスマートフォンの決済アプリに直接入金するデジタル払い制度化が発表されましたね。

デジタル払いの仕組みとは一体何なのでしょうか?使用方法は?その際のメリットとデメリットを考察したものをご紹介します。

まだ情報が出てきていませんので、今後追記していきます。

デジタル払いのニュース

厚生労働省は会合で、2021年度のできるだけ早期に制度化を目指すと表明。この問題を議論している労働政策審議会分科会の次回会合で具体的な制度案を示す方針を明らかにした。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/617992581c82c93a56a650271181d405657c8ea2

厚生労働省から、2021年のできるだけ早い段階で、給与のデジタル払いを制度化する方向であることを発表がありました。次回の会合では、具体的な制度案の方針が発表されるとのことです。

ここまで来ると、このデジタル払いの制度化は実現間近なのではないでしょうか。次回の会合での具体案にも注目です。

デジタル払いの仕組みとは何?

では、デジタル払いの仕組みとは一体どうなるというのでしょうか。これに関する具体的情報はあがって来ていませんので、新しい情報があれば随時追記していきます。

ただし、一点、デジタル払いというのは「銀行口座を介さない」というところが大きなポイントのようです。銀行口座を介さない代わりのキャッシュカード同様のものが何になるのかは、次回の厚労省会合での具体策案に鍵があるかも知れませんね。

ネットの声

今回のデジタル払いのニュースを受けて、ネット上での声は非常に不安が大きい様子です。

「デジタル」と聞くといつもどこか不具合が生じていますものね。変な問題が発生しないことを祈ります。

しかし、前向きな意見も中には見受けられました。何でもかんでも否定から入る前に考えて欲しいこと。それはいかに安全性を達成できるのかを考えることが大事ですね。安全に使用でき基準をもうけ、達成したものから順次開始するのはどうか、という意見です。

具体案が出ない中でのデジタル払いに関するニュースですので、不安の声が多くあるのは仕方ないことだと思います。どのような仕組みで使用方法はどうなるのか、次回のニュースに注目です。

メリットとデメリット

今回は、「デジタル払いの仕組みとは何か」に関する今わかる範囲の情報を集めた記事をご紹介しました。給与がデジタル払いされるのは早かれ遅かれ開始されることは間違いなさそうです。

具体的な仕組みに関する案がでてきてから、メリットデメリットに関する記事を付随していきます。

今後の政府からの発表に注目が集まりますね!一緒にニュースを追いかけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました