緊急事態宣言発令で仕事・買い物・スーパー・保育園・生活はどうなるの?

東京五輪2020

新型肺炎・新型コロナウイルス(Covid-19)の世界的流行により、日本国内でも緊急事態宣言が発令されるかもしれないという不安があります。2020年2月28日には、北海道の鈴木直道知事が道民に外出を控えるように「緊急事態宣言」を発表しました。

まだ、内閣総理大臣である安倍晋三首相から日本国民に対する緊急事態宣言は発令されていませんが、万が一発令されてしまったら、私たちの生活はどうなるのでしょうか?

仕事は休まなければならないのでしょうか?スーパーで買い物はできるのでしょうか?保育園も休園に!?そもそも生活自体どう変わってしまうのか心配になるのは仕方のないこと。

今回の新型肺炎・新型コロナウイルス(Covid-19)の感染拡大は世界的にも、そして日本全国規模でもあり、万が一、安倍晋三首相から緊急事態宣言が出されたら今後の生活はどうなるかについて見ていきましょう。

内閣総理大臣から発令される緊急事態宣言の意味とは?

まず、内閣総理大臣から発令されるた「緊急事態宣言」とはどんな意味なのかについてご紹介します。以下の図をご覧ください。

この画像は、「緊急事態条項で 私たちはどうなる?」から引用しています。この画像を元に「緊急事態宣言」についてを考えていきましょう。

まず、現在は日本国憲法なので画像の右側・主体は内閣総理大臣の所にあることが分かります。非常事態宣言すなわち緊急事態宣言では以下のことを内閣総理大臣は行うことができるというのです。

  1. 時期は無限定。
  2. 国会で承認されなくても、総理の判断で発令・停止できる。
  3. 対象は日本国民全員となる。
  4. 対象となるのは武力攻撃、内乱、暴動、テロ、大規模な災害などのほか、鳥インフルエンザやAIDS、ノロウイルスなど疫病もある。
  5. 財産処分を行うことができる。

私たちの命を守るための「緊急事態宣言」であるのは分かりますが、生活への縛りが出てくるような意味を持っていることが分かります。そのため、容易にこの「緊急事態宣言」は出されるものではないことが分かりますね。また、日本全国に「緊急事態宣言」出すことができるのは内閣総理大臣である安倍晋三首相となります。

発令されるのはいつ?

万が一、「緊急事態宣言」が発令される場合はいつ、どのようなタイミングで出るのでしょうか?上記の画像にもある通り、「内閣総理大臣が緊急事態宣言が必要であると考えた時期はいつでも」出されるのです。

あくまでも個人的予想ですが、今後の新型肺炎の感染拡大が止まず、国内のパンデミックを引き起こしていると判断される状況になった場合には「緊急事態宣言」が発令されるのではないでしょうか。

新型インフルエンザが世界的流行を起こしたらどんな措置が取られたの?

続いて、2009年に世界的に流行した「新型インフルエンザ」が世界的流行(パンデミック)を起こし、日本国内でも感染者が出たということがありました。その時国内では政府から「新型インフルエンザの流行入り」を発表されただけで「緊急事態宣言」は出せれませんでした。

しかし、「パンデミック(世界的大流行)が起きたらどうなるの?」の資料において、「緊急事態宣言」が発令された時何が起きるのかが説明されていますので、「新型インフルエンザが世界的流行を起こしたらどうなるか」を元にご紹介します。

私たちの生活はどう変わる?

  • 指定公共機関(医療・医薬品・医療機器等の製造販売、電気・ガス等の供給、輸送等のライフラインを担う公共機関)が、業務計画により重要な事業を継続することで、社会影響を最小限にする。
  • 医薬品や食品、燃料等の確保のために、事業者に対して物資の売渡しを要請する。
  • 行政機関への一部の届出の期限を延長する。(現に確定申告の延期が認められた。)
  • 政府関係金融機関などは、融資条件の緩和などに努める。

インフラは止まらず、医薬品や食品の提供も行われるということですね。また、2020年の確定申告が4月16日まで延期されました。生活するに必要な資源の停止などはないということが分かります。

仕事は休みになる?

「緊急事態宣言」が内閣総理大臣から発令された場合、「誰」が対象になるのかは無限定とあります。大流行(パンデミック)を起こしていない地域もあるため、予想されるのは「感染拡大地域」になる可能性がありそうです。これはあくまでも個人的予想ですので、この情報が確実ではありません。

「緊急事態宣言」が発令された地域においては、休みになる仕事は出てくるのではないでしょうか?逆に、休めない仕事(医療・医薬品・医療機器等の製造販売、電気・ガス等の供給、輸送等のライフラインを担う公共機関)もありそうです。

スーパーに買い物は行ける?

  • 医薬品や食品、燃料等の確保のために、事業者に対して物資の売渡しを要請する。

このように定められています。このことから予想できるのは感染拡大が止まない地域においては、感染拡大を起こすことのないよう「限定された環境」で物資の受け渡しが行われるのではないでしょうか。

保育園も休みになる?

感染拡大の止まない地域においては、保育園も休園になりそうですね。ただ、働く保護者のための措置がどのように行われるのかについては、政府から発表されることをきちんと自身で受け取る必要があります。

緊急事態宣言を受ける前に備えておこう!

2020年に大流行中の新型肺炎・新型コロナウイルス(Covid-19)。世界的にも大流行を起こしていて、今後いつ国内に「緊急事態宣言」が発令されるのか心配する人も少なくないのではないでしょうか。私自身も同じ気持ちでこの記事を書いています。

私たちの生活はどうなるのか、買い物をしにスーパーに行けるのかも、仕事が休みになるのかも、保育園が休みになるのかも、正直前例がないだけにどのようになるのかは具体的には分かりません。しかし、新型インフルエンザがパンデミックを起こしたらを元に、生活への変化についてご紹介してきました。

感染拡大の大きい地域、そうでない地域とに差があり、日本全国に「緊急事態宣言」が発令されるのかも、またこの宣言自体が発令されるのかも誰も分かりません。

万が一、発令された場合でもパニックを起こすことなく、落ち着いて行動できるように各家庭での備蓄はしておきたいもの。備えあれば憂いなしという言葉があるように、災害時同様の備蓄を常日頃からしておくことは大事だな、と感じています。

どうかこの新型肺炎・新型コロナウイルス(Covid-19)が終息に向かうことを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました