節分の風習・巻き寿司の由来は?いわしを飾り食べるのは何のため?

季節の行事
引用元:https://publicdomainq.net/

2月に入るとすぐに節分を迎えますが、節分といえば豆まきや恵方巻きを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。節分にはいくつかの風習があります。

節分に、恵方巻きといった巻き寿司を買ったり作ったりするご家庭もあるのではないでしょうか?今年の方角を向いて静かに食べることが縁起がいいと言われていますが由来は?

また、玄関先に柊の葉といわしの頭を飾っているご家庭も中にはあるようですがそれは何のために飾るのか気になりますね。

今回は節分にまつわる風習や由来についてまとめましたのでさっそく見ていきましょう!

節分ってどんな日?

引用元:https://illust8.com/contents/

節分とは年に4回訪れる

まず、「節分」の意味をご紹介します。

「節分」とは文字の通り「季節を分ける」と書きますが、その意味は「各季節の始まりの前日」をさします。日本には「春夏秋冬」の四季がありますので、冬から春、春から夏、夏から秋、秋から冬に変わる季節が訪れますね。

冬から春に変わるときを「立春」、春から夏に変わるときを「立夏」、夏から秋に変わるときを「立秋」、秋から冬に変わるときを「立冬」と言います。

季節の始まりである「立春」(2月4日頃)、「立夏」(5月6日頃)、「立秋」(8月7日頃)、「立冬」(11月7日頃)の前日を「節分」と呼ぶそうです。

しかし、江戸時代以降からは一般的に「立春」の前日を「節分」と呼ぶようになりました。それは、日本では「立春は1年の始まり」として尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみをさすようになっていったようです。

節分に豆まきをするのは何で?

節分といえば豆まき!「鬼は外、福は内!」とかけ声をかけながら、豆をまくご家庭がほとんどではないでしょうか。実は毎年何気なく行なっている豆まきには、きちんと由来があったのです。

昔、京都の鞍馬(くらま)に鬼が出たとき、毘沙門天(びしゃもんてん)のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っています。鬼である「魔」の目(魔目=まめ)に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」ことが豆まきの由来となったそうですよ。

巻き寿司を食べるようになったのはなぜ?

続いて、節分と言えば恵方巻き!恵方巻きとは巻き寿司のことでもありますが、なぜ節分の時に食べるのでしょうか?

引用元:https://publicdomainq.net/

元々は大阪で節分に太巻きを食べていた風習があったそうですが、なぜ節分に太巻きを食べていたのか、その真相は定かではないようです。

現代の新しい習慣になった「恵方巻き」を節分に食べる習慣は、1990年代終わり頃から急速に全国へ広まっていき、「恵方巻き」という名称は大手コンビニによって生み出されたそうですよ。その年の恵方を向いて、「無言で太巻きを食べると願い事が叶う」と言われ、節分には縁起がいいという現代ならではの由来があるようです。

 

恵方巻きはネットからの予約も可能ですので、2月3日までの節分に配達可能なのも嬉しいですね。家で作るもの良いですが、作る手間暇がないという方にオススメです。

愛犬のいるご家庭では犬用の恵方巻きも売られています!家族全員で、という気持ちを込めて節分を迎えられる嬉しい一品ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【2020年 限定販売】犬用 恵方巻き(無添加・天然)犬の手作りご飯
価格:2948円(税込、送料別) (2020/1/23時点)

 

2020年恵方巻きを食べる方角は!?

まず、恵方とはその年の福徳を司る歳徳神(としとくじん。年神様の別称)のいる方角のことです。その方角に向かって事を行えば、何事も吉とされています。

2020年節分の恵方は、西南西(細かくいうと西南西やや西)です!

2020年は西南西の方角を向いて、恵方巻きを無言で食べきれば願いが叶うということですね。節分の時にこっそり願い事をしてみてはいかがでしょうか。願いが叶いますように♪

柊いわしを飾る風習ってどんなことをするの?

引用元:https://illust8.com/contents/

節分の時期になると玄関先にトゲトゲの葉っぱに魚の頭をさした飾り物があったなぁ、という方もいるかも知れません。どうやらこの風習は、「柊(ひいらぎ)」の葉のついた枝に、「鰯(いわし)」の頭をさしたものを飾ることのようです。

この風習はいつからあるのでしょうか?

時を遡ること、それは平安時代から始まったとされています。正月の門口に飾ったしめ縄に、「なよし」(ボラ)という魚の頭をさしていたそうです。

柊いわしのもつ意味とは?

なぜ、柊の葉のついた枝にいわしの頭を刺すのでしょうか。

どうやら、「柊」も「いわし」も鬼が苦手とする物のようです。「柊」の葉はトゲトゲしているため、そのトゲで鬼の目を刺し、「いわし」を焼く臭いは強烈で鬼が近寄らないものという意味が込められているそうです。

そんな魔除けの意味がこの「柊いわし」にはあるのですね。家には福を招き入れたいもの。ぜひ節分には「柊いわし」を玄関先に飾っておきたいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

柊スプレー L50cm 布・PE【1本入】
価格:400円(税込、送料別) (2020/1/23時点)

 

 いつまで飾ればいいの?

この魔除けの意味をもつ「柊いわし」ですがいつまで玄関先に飾っておけば良いのか気になりますね!

古くから伝わる風習にありがちなことですが、いつまで飾るのかは地域差があるようです。いくつかのパターンがありますので、主に4つ例を挙げておきます。

  • 節分(2月3日)から2月末まで
  • 小正月(1月15日)から立春(2月4日)まで
  • 節分の日のみ
  • 節分の日から一年間

自分の住む地域がどの時期に当たるのかは、両親や地域の年長者に確認するのが良いかと思います。

柊いわしの処分方法は?

取り下げた柊いわしをどのように処分すれば良いのか悩む人は少なくないはず。

柊いわしは縁起物なので、飾る期間が過ぎたからと言ってゴミとして処分することは気が引けてしまいますね。処分する方法にもいくつか種類があるので、ご紹介します。

  • 灰になるまで焼き玄関先に盛る
  • 塩で清めてから紙に包んで一般ゴミとして処分する
  • 玄関先に埋める

家庭で処分するなら、この手法での処分が良さそうです。自分に合った処分の仕方をされるのが良さそうですね。

なぜいわしを食べるの?

最後に、なぜいわしを食べる風習があるのかについてご紹介します。

いわしには以下の2つの語源があるそうです。

  • 「よわし」
  • 「いやし」

「いわし」は漢字で書くと、「鰯」と書くように、水から出ると「すぐに弱って死んでしまう魚」だそうで、そこからくる「よわし」が「いわし」となったという説があるのだとか。

もう一つは、貴族の食べ物ではない「卑しい魚」という意味で「いやし」とも呼ばれ、「いわし」になったとも言われているとか。

この「弱くて」「卑しく」臭いのきつい「いわし」を食べることで、体内の陰気を消してくれるという意味があるそうです。

いわしを食べるのは西日本の文化のようですが、体内の陰気を消してくれる縁起物なら、節分にいわしを飾るだけでなくいただくのも良さそうですね。

季節の風習を知って生活に活かそう!

節分についてまとめましたがいかがでしたでしょうか。

節分には様々な風習や由来があることが分かりました。太巻き寿司である恵方巻きは近代の食べ物だったのには驚きました。2020年の恵方は西南西でしたので、節分の夜は願い事をしながらいただいてみたいと思います。

節分の風習のもう一つの「柊いわし」。地域差がある風習だけに、この機会に両親や祖父母に確認するのも良さそうです。

季節を分ける時期である「節分」。季節の風習を知ることで、より豊かな生活を送れますね。良い節分の日を過ごせますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました