知らなくていいコト最終回予想結末!父親の真実と不倫の恋の行方は!?

ドラマ
引用元:「知らなくていいコト」公式サイト

2020年1月8日(水)22時スタートの吉高百合子さん主演のドラマ「知らなくていいコト」。

大石静のオリジナル作品で、真壁ケイト(吉高由里子)が週刊誌記者(週刊イースト)として働くことを描いていきます。ケイトの母親である杏南(秋吉久美子)から亡くなる直前に言われたのが「ケイトの父親はキアヌ・リーブス」だということ。嘘か本当か定かではない中の真相を追求していくことに。

父親はなぜキアヌ・リーブスなのか!?それは嘘か本当か!?真実は何なのか!?また、「ケイト」と呼ぶにはエデンの東がヒントに!?不倫の恋の行方はどうなるの?

結末までのネタバレ予想を立てていきます。どうぞ最終回までお楽しみください。

知らなくていいコトの真相とは!?

女優・吉高由里子さん主演のドラマ「知らなくていいコト」。2020年1月8日(水)22時から放送開始されます。

ドラマの題名である「知らなくていいコト」とはどうやら「知ってしまったら放って置けないコト」だそうです。どんなドラマの展開を迎えるのでしょうか?気になりますね。

このドラマの真相は、真壁ケイト(吉高由里子)が母・真壁杏南(秋吉久美子)に亡くなる際に残された「知らなくていいコト」を追求する所にあります。そして、ケイトは自らを取材の対象になることを知り、苦悩するのではないでしょうか!?

週刊誌記者だけに記者としての血が騒ぎそうです。

ケイト(吉高由里子)の父親はなぜキアヌ・リーブスなの?

引用元:https://eiga.com/

真壁ケイト(吉高由里子)の母親である真壁杏南(秋吉久美子)は未婚のまま娘のケイトを育てました。しかし、そんな母・杏南がある日倒れてしまい、そのまま亡くなってしまうのです。そんな母から最期に聞かされたのが、「ケイトの父親はハリウッド俳優のキアヌ・リーブス」だと言うのです。

それは嘘か本当かは真実を確かめるまでは分かりません。

でも、本当に父親がハリウッド俳優のキアヌ・リーブスとなると・・・なそれはぜ!?母の杏南とどんな出会いをしたのか気になるところ!他にもキアヌ・リーブスのことを知る人物はいるのではないか!?などなど、これから暴かれていく真実に注目が集まりそうです。

キアヌ・リーブスは血の繋がらない父!?

真実はまだ分かっていませんが、ケイトの母・杏南と1986年に何か関係があったようです。この時杏南とはどんな関係だったのでしょうか。

あくまでも個人的予想ですが、杏南は以下で登場する乃叶阿徹が無差別殺人で逮捕されてからこのキアヌ・リーブスと接点があったのではないかと思います。

恋人関係にあった乃叶阿徹と杏南。しかし悲しいことに、乃十阿の逮捕後に杏南妊娠が発覚。そんな杏南の事情を知りながらも、キアヌ・リーブスは杏南を妻として迎え入れることに。キヌア・リーブスの娘ではないけれども、杏南とは夫婦として籍は入れないけれども事実婚をしていたのではないでしょうか!?

鍵を握るのはケイトの元彼の尾高由一郎(柄本佑)!?

引用元:https://www.ntv.co.jp/

ケイトの元彼は、尾高由一郎(柄本佑)。フリーランスの動物カメラマンとして活躍しています。そんな尾高由一郎は以前は報道カメラマンをしていましたが、「あることをキッカケ」にフリーに転身することに。

そんな尾高が海外出張から戻って来るとケイトの家に線香をあげに行きました。その時ケイトから母・杏南が残した「知らなくていいコト」を聞かされることに。

しかし尾高はなぜか否定しません。それどころか「ステキじゃないか」とケイトを元気付ける一言を残したのです。

しかし、その日の帰り道、尾高にはなぜかケイトには言えない3年前の出来事を思い出してしまいます。その出来事が「知らなくていいコト」の真相の鍵を握るのかも知れません。

尾高由一郎は以前「乃十阿 徹(のとあ とおる)」の出所写真をスクープしていた!

まだ真実が揃わないまま、元恋人の尾高由一郎が過去に乃十阿徹が出所するところをスクープ取材していたことを思い出します。

そして尾高に真実を聞こうとするも、何か話せない事情があるのか尾高は「分からないよ。」とケイトに返事しますが・・・。ケイトの母親・杏南と尾高だけが知る隠された何かがあるのではないか、とケイトは勘付いている様子でした。

「知らなくていいコト」はそのままにすれば幸せなのかも知れませんが、そのままにも出来ずに真実を暴こうとするケイトに待ち受けるのは・・・。

ケイトの真の父親は「乃叶阿 徹(のとあ とおる)」!?

引用元:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/gallery/

母の遺品整理をしていると、「T to A 1985」と書かれた指輪を見つけてしまったケイト。「T」の文字がどこか引っかかります。指輪のメーカーに問い合わせると、依頼主は「乃叶阿 徹(のとあ とおる)」であることが分かりました。

しかしこの人物について調べると無差別殺人で逮捕された過去を持っていたのです。

言葉も失い、絶望感にかられるケイト・・・。本当に「乃叶阿 徹(のとあ とおる)」と言う人物がケイトの父親なのか・・・!?

ケイトの実の父が乃十阿徹!?

杏南との関係は、教授と生徒の関係にあった二人。乃叶阿は1985年に杏南に指輪を送っているので、恋人または婚約関係にあったのかも知れません。

しかし1986年に乃十阿は無差別殺人で逮捕されることに。本当に殺人を犯したのかは分かりませんが・・・。

殺人犯として逮捕されることになった乃叶阿には、杏南ではなく別の妻がいました。そこには息子も。その息子は母の手伝いで「ハーブの葉」を入れるのが日課になっていたそうです。この無差別殺人の真犯人は乃叶阿徹の息子だったのかも!?という説が浮上してきました。

まだ幼い息子には人を殺そうと思ってハーブを入れたのではないことは百も承知。そのことを知っていた乃叶阿本人が息子の将来を気遣い、自分がいかにも罪を犯したかのようにかばったのです。

妻と息子がいながらも、杏南と深い関係にあった乃叶阿。不倫という関係の上に、自身の逮捕があってしまいます。そして、乃叶阿の逮捕後に杏南の妊娠が発覚し、実の父親でありながらも娘として迎えることができなかったのではないかと予想します。

エデンの東の登場人物キャシー(ケイト)と何か繋がるのか!?

母・杏南の論文の中に登場する悪女・ケイトと書かれてある言葉が気になりました。

「エデンの東」という創世記のカインとアベルの物語をモチーフとして、アイルランド移民である「サミュエル・ハミルトン家」と、東部から来た「アダム・トラスク家」の2家族の歴史を描くいた物語の中に登場するキャシーは別名ケイトとも呼ばれていたそうです。

この物語について調べて行くと、気になる2つのことが見つかりました。

  1. キャシー(ケイト)は毒婦であり悪女であったこと
  2. キャシー(ケイト)はアダムの妻でありながら、アダムの異母弟であるチャールズと関係を持っていたこと。

まず、毒婦悪女のキャシーは別名ケイトと言われていた名前が娘の名前になっていること。物語の登場人物が毒婦悪女であるのをそのまま我が娘に名付けているのは何故なのか・・・。

また、不倫関係にあったと言うこと。

もしかしたら、ここら辺のことがケイトの「知らなくていいコト」の真実を暴くのにヒントになって行くところかも知れない!?

これはあくまでも個人的予想ですが、乃叶阿と杏南とは不倫関係にあり、乃叶阿が杏南のことを「ケイト」と呼んでいたのではないかと思います。悪女な杏南。そして現在のケイトも尾高と不倫関係に・・・。

不倫の恋の行方はいかに!?

ケイトもケイトの母・杏南はとても複雑な恋をしている共通点がある、それがエデンの東のような構図になっているというのがこのドラマの肝の部分なのかも知れません。

紐解いていくととても複雑な意図が絡み合っている・・・愛してしまった人は叶わぬ人なのに・・・。

ケイトと尾高の恋の行方はいかに!?尾高はケイトに「結婚しよう」と言いましたが、この恋は実のでしょうか!?私の個人的な予想ですが、ケイトは尾高の元に行かないと思う気持ちが強い面、でも心を許して尾高と新しく夫婦生活を始めるのではないかと予想します。

最終回までの結末予想

「知らなくていいコト」とは「知ってしまったら放って置けないコト」だと言うのですから、最終回までにケイトの父親の存在が本当にキアヌ・リーブスであるのかの証拠を暴いていくドラマになりそうです。

キアヌ・リーブスはレバノン出生のカナダ育ちなので、出生地に関係することがドラマの中に出て来るかも知れませんね。尾高由一郎(柄本佑)が「あることがキッカケで」フリーカメラマンになり海外出張に行っていることも気になります。

父親は本当にキアヌ・リーブスなのか、もしそれが事実なのであれば、なぜ父親なのか!?それは予想にしかありませんが、血の繋がらない実の父・キアヌ・リーブスがケイトの父なのだと思います。しかし、血の繋がった実の父が乃十阿徹・・・。

父の真実はどちらなの・・・!?最終回でケイトが暴く!?

真壁杏南(秋吉久美子)から残された「ケイちゃんのお父さんは、キアヌ・リーブス・・・」と言う遺言と、ケイト自らが見つけてしまった「乃十阿徹」の存在。

ケイトの気持ちは複雑になっていきます。ハリウッド俳優の娘なのか、無差別殺人の娘なのか・・・。

これはあくまでも個人的予想なのですが、真壁ケイト(吉高由里子)は週刊誌記者として決意から、父親があのハリウッド俳優のキアヌ・リーブスなのか、乃叶阿徹なのか、自らをスクープの対象として真実を暴きます。しかし、真実を追求するということは、どこか気持ちが折れそうになることも・・・。

尾高との不倫の恋の気になる行方と、なぜ母があの遺言を残したのか。

知らなければいいコトは何もしなければ幸せのように見えるコトかも知れませんが、ケイトが真実を暴いてくれるコトで実は幸せに繋がっているコトなのかも知れませんね。そう考えると、最終回でケイトは幸せな思いを受け入れて、ケイト自身も幸せになって終わる予感がします。

最後の最後まで、目が離せそうにありませんね!

⬇︎野中春樹(重岡大毅)と真壁ケイト(吉高由里子)の胸キュン「おはよ」⬇︎
知らなくていいコト重岡大毅寝起きのおはよと寝癖姿に胸キュンな可愛い姿とは!?

 

コメント

  1. […] すじとネタバレの予想記事⬇︎ 知らなくていいコトあらすじ最終回結末ネタバレ!父親なぜキアヌ? […]

  2. […] 知らなくていいコトあらすじ最終回結末ネタバレ!父親なぜキアヌ? 知らなくていいコト重岡大毅寝起きのおはよと寝癖姿に胸キュンな可愛い姿とは!? […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました