梅宮辰夫さん81歳で死去 死因は慢性腎不全?6度のガンを乗り越えるも・・・

速報系

俳優の梅宮辰夫さんが2019年12月12日(木)午前7時40分に神奈川県の病院にて亡くなったことをテレビ番組「羽鳥慎一モーニングショー」で報じました。

梅宮さんは1974年、自身が30台の頃睾丸がんになり、左肺に転移し肺がんとなったこともあります。また、初期の胃がん、十二指腸乳頭部がん、前立腺がん、尿管がんの全6つものがんを患い、全て克服してきた方でもあったそうです。

また2016年には風邪を引いて病院に行ったらお医者さんから「すぐに入院しなさい」と言われるも、予定があって2日間先延ばしにしたら肺炎、心不全、腎不全、糖尿病、高脂血症、狭心症、心房細動、高血圧と8つの合併症が出たこともあり、生死をさまよったと言います。それでも帰還した梅宮さんでしたが・・・。

最近は慢性腎不全のため、人工透析を1日置きに週3回の4時間行なっていましたが、闘病の末亡くなったとのことです。死因は慢性腎不全だったとのこと。

12日早朝、クラウディア夫人が異変に気付き119番をして救急搬送されるも、帰らぬ人となってしまいました。

6つものがんを克服してきた梅宮辰夫さんだけに、もう少し長く生きてくれるのではないかと惜しまれる声が聞こえてきそうです。こんなにも多くの病気に罹るも、克服できる強靭な心と体の持ち主であったのではないでしょうか。

しかし、多くの困難を克服し、前向きに生きる姿を見せてくれた梅宮辰夫さんの生き方は、きっと多くの方に勇気を与えたのではないでしょうか。

ご冥福をお祈り申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました