テラスハウス・脅迫状はなぜ!?理由や内容・中身の詳細とは?

フジテレビの恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー木村花さん(享年22)が2020年5月23日に死去しました。そのことを受けて、世間からの悲しみの声と厳しい声があがっています。

どうやら「テラスハウス」宛に脅迫状が届いたというのですから驚きです。なぜ脅迫状が届いたのか、その理由とは!?また、脅迫状の内容やその中身の詳細とは?

今回はこれらのことについて記事にご紹介していきます。

「テラスハウス」に届いた脅迫状とは!?

フジとともに「テラスハウス」制作を行っているイースト・エンタテインメント社に脅迫状が届いていることが分かった。

引用元:テラスハウス制作会社に脅迫状 「中には悪質な内容のものも」

フジテレビと共に「テラスハウス」の制作を行なっている「イースト・エンタテイメント社」に脅迫状が届いているということが分かったとのことです。どうやら脅迫状はフジテレビにではなく、「イースト・エンタテイメント社」宛に送られたもののようです。

「イースト・エンタテイメント社」とは

「イースト・エンタテイメント社」とは、バラエティやドラマ、音楽、ドキュメンタリーなど、あらゆるジャンルの番組企画・制作をおこなっている会社のようです。

ゼロから企画を立ち上げ、完全パッケージまで制作する自社制作スタイルに誇りを持った独自のスタイルで設立から45年もの歴史を持っています。

なぜ脅迫状が届いたの?

恋愛リアリティー番組「テラスハウス」。主に若い世代には大人気の番組で、放送ごとに大きな反響を呼ぶ企画でもありました。

そんな「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの故・木村花さん(享年22)が2020年5月23日に亡くなりました。おそらく自殺である可能性が高いとのことです。ご冥福をお祈りいたします。

木村花さんが亡くなったことがきっかけで、世間からは悲しみの声や厳しい批判の声があがっていました。ではなぜ脅迫状が届いたというのでしょうか?

これはあくまでも個人的な予想ですが、以下の点が原因ではないかと思われます。

  • 木村花さんの大ファンが悲しみから度が過ぎた思いを送ってしまった
  • 「イースト・エンタテイメント社」に対して恨みを抱いていた
  • 番組内容に納得できなかった
  • ただのいたずら半分で送ってしまった

脅迫状とは言葉の通り、ある人物や団体に対して一方的な要求を突きつけることや、書かれている内容が実現されない場合には、反社会的な行動により報復したり、破壊的な行為(暴力)で解決させようと知らせる文書のことを言います。

相手を完全に脅した、殺意ある気持ちを文面にして伝えるということなのです。

そんな思いを送りつけるというのですから、木村花さんへ対する悲しみや制作会社へ対する強い憎しみを持った誰かが送りつけたのではないでしょうか。しかし、この理由に関しては残念ながら発表されてはいませんので、個人的予想で書いているということをご理解いただけたらと思います。

脅迫状の内容や中身とは!?

その脅迫状の内容や中身に関してはどのようなものだったのかについて見ていきましょう。

中には、社員が身に危険を感じるような悪質な内容のものもある」という

引用元:テラスハウス制作会社に脅迫状 「中には悪質な内容のものも」

その内容に関して「社員が身に危険を感じるような悪質な内容のものもある」とのことです。ここでいう社員とは個人なのか会社全体なのかは特定できませんが、おそらく「テラスハウス」を制作していた社員に対したものであるのではと予想できます。

どのような内容なのか、詳細に関する情報は出てきていませんので詳しいことは分かりませんが、身の危険を感じる内容であることに間違いなさそうです。

ネットの反応

今回の「テラスハウス」制作会社へ向けた脅迫状に関して、ネットでは以下のような反応があがっていました。

脅迫状を送りつけるのも、今回木村花さんが命を絶つ原因となった誹謗中傷と変わらないだろうという意見が多いです。

脅迫状を送りつけること自体が犯罪行為に当たるよ、ということも訴える人も多くいます。

ネットを介しての誹謗中傷で命を絶った木村花さん。それと同じようなことをしては本末転倒なままになるように思います。人としてやってはいけないこと、そのことを考えれば誰かを傷つけるようなことはできないのではないでしょうか。

誹謗中傷から始まっても同じようにしてはならないと思う理由

脅迫状がなぜ送られたのか、その理由や内容・中身の詳細については具体的には分からないため個人的予想を立てながらご紹介してきました。

今回、木村花さんが亡くなってしまった悲しみは一生忘れることのできないものとなったと私は思っています。ネットを介した誹謗中傷は顔が見えないだけに悪質なものが多いという話も、多くのYouTuberの方々も発信されるのを目にしています。

されて嬉しくないことは他人にもしないこと

そのことを忘れてはならないと思いました。

木村さんの死を無駄にすることなく、「テラスハウス」の制作会社へ向けた脅迫状も、犯人が逮捕され、何もないことを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました