東京都コロナの警戒レベル最大4つの基準とは何?生活はどう変わる?

生活のこと
引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/number-tokyo/new-monitoring.html

東京都は2020年7月15日に、新型コロナウイルスの感染状況を「4段階評価の警戒レベル」の「感染が拡大していると思われる」と最も深刻な水準へと1段階引き上げると発表しました。

東京都の新型コロナウイルス感染対策基準がよく分からない、という意見が多く、そもそも「警戒レベル最大」と言われても、「基準は何なのか」「生活など変わるものはあるのか」が心配になります。

今回は、東京都の「4段階評価の警戒レベル」の基準とは何なのかについてをご紹介していきます。

東京都「4段階評価の警戒レベル」の基準とは何か

東京都の新型コロナウイルス感染者が止まない中、様々な対策が打ち出されています。その中で専門家の意見を受け入れながら政策を打ち出しているのかと思いますが、何が最新情報なのか、私もこの記事を書くまではよく分かっていませんでした。

今回発表のあった「4段階評価の警戒レベル」の基準は何なのでしょうか?

東京都は、2020年7月より運用を始めた「4段階評価の警戒レベル」の基準です。「感染状況」と「医療提供体制」のそれぞれのレベルに対しての総括コメントがあります。

警戒レベル1

警戒レベル1の感染状況とは、「感染者数の増加が一定程度にとどまっていると思われる」であり、医療提供体制は「通常の体制で対応可能であると思われる」に当たることをさしています。

警戒レベル2

警戒レベル2の感染状況とは、「感染拡大の兆候があると思われる」であり、医療提供体制は「体制強化の準備が必要であると思われる」に当たることをさしています。

警戒レベル3

警戒レベル3の感染状況とは、「感染が拡大しつつあると思われる」であり、医療提供体制は「体制強化が必要であると思われる」に当たることをさしています。

警戒レベル4(最大)

警戒レベル4の感染状況とは、「感染が拡大していると思われる」であり、医療提供体制は「体制がひっ迫していると思われる」に当たることをさしています。

何が変わるのか?

東京都は2020年6月30日に、小池都知事などが参加した「新型コロナウイルスの対策本部会議」を開きました。東京都は以前「感染警戒レベル」には具体的な数値を設けて判断してきましたが、今回採用した「4段階評価の警戒レベル」の基準に数値を設けないとしました。

その背景には、おそらく休業要請をするなら経済もセットにしなければならないからなのではないかと思われます。今言われている感染拡大防止をしながら経済を回していくことが課題にあるからなのではないでしょうか。

状況が悪化したと判断した場合は、都民に不要不急の外出自粛の協力など注意喚起を行うとしています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200630/k10012490111000.html

「4段階評価の警戒レベル」を試験的運用をし始めた東京都。万が一状況が悪化したと判断した場合には「都民に不要不急の外出自粛の協力など注意喚起を行う」とするそうです。

これに関する具体的政策はこれから出てくるのかもしれませんが、文面だけを見たら「各個人が感染拡大防止に努めること」「各個人が他府道県への不要不急の外出を控える協力をすること」とし、強制力を持たない「各個人への協力依頼」になるのかと、個人的には心配しているところです。

都民や他県民が安心できるよう、具体的な政策の発表と施行を期待したいです。

「4段階評価の警戒レベル」について思うこと

今回は東京都から発表のあった「警戒レベル最大」の4つの基準について詳しく見てきましたがいかがでしたでしょうか。

「4段階評価の警戒レベル」の基準1〜4段階は具体的な数値の基準がないだけ少し漠然的な印象を受けたのは本音です。ただ、今は経済活動との両立をしながら感染拡大を防止していくとのことで、試験的運用という形で今月から始めたばかりなのも背景にはあります。もしかしたら今回もまた途中で基準が何か変更になることが起きそうな予感もしますが、(起きてはほしくありませんが)都民が安心し、協力していけるような具体的政策の発表を期待したいです。

今後の生活が大きく変わることは今回の発表の中ではないようにも思えますが、どうなるか。

一人一人の感染拡大防止をしようとする心を大切に、今後も新型コロナウイルスという見えない敵と向き合っていきたいな、と思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました