東京オリンピック・福島県聖火リレー芸能人ランナーは誰!?コース等詳細一覧!

東京五輪2020
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/福島県

2020年東京オリンピックパラリンピックの開催に向けて、全国各地では聖火リレーのスタート準備が始まっています。

日本国内の聖火リレーの出発点は福島県!そんなスタートの地・福島県のランナーは誰が走るのか気になるところ!まだ記憶に新しい2011年に起きた東日本大震災の被災地である東京第一原発のある双葉郡をスタート地点としたのです。

そんな福島県には福島県を応援PRしてくれている芸能人もランナーとして選ばれています。復興に向けて前進している街・福島県を走る芸能人ランナーは誰なのか!?コースや日程一覧も併せてご紹介します。

それではさっそく見ていきましょう!

コースマップ紹介

続いては、福島県聖火リレーのリレールート・コースマップです。以下の図をご覧ください。

引用元:https://www.minyu-net.com/sports/running/

1日目が青、2日目が緑、3日目がピンクのルートです。スタートを①として矢印の順に走っていきます。福島県は太平洋側が「浜通り地区」、県庁所在地のある福島市がある中央を「中通り地区」、西側の会津を「会津地区」と読んでいます。1日目が浜通りを、2日目が浜通り、中通り、会津を、3日目が会津、中通りを走り、3日間かけて福島県を一周するコース図になっていますね。

福島県聖火リレー日程一覧とタイムテーブル

続いては、福島県聖火リレーのタイムテーブルについて見ていきましょう。

福島県の聖火リレーは2020年3月26日(木)より3日間行われます。以下、3日間の聖火リレーの出発、到着場所、時間の詳細です。尚、コースマップについては以下のコースマップ紹介で詳しくご紹介します。

【1日目:3月26日(木)】

スタート地点は福島県双葉郡楢葉町にある「Jウ”ィレッジ」。福島県の太平洋側を走るコースとなっています。ゴール地点は福島県南相馬市にある「雲雀ヶ原祭場地」。到着予定時刻は19:00頃となっています。

【2日目:3月27日(金)】

2日目スタート地点は福島県相馬市にある「相馬中村神社」。福島県の北側を東から西へ走るコースで、途中、県庁所在地のある福島市を通り最後は会津地方でゴールします。ゴール地点は福島県会津若松市にある「鶴ヶ城公園市営駐車場」。到着予定時刻は19:40頃となっています。

【3日目:3月28日(土)】

3日目のスタート地点は福島県南会津町にある「びわのかげ運動公園健康交流センター」。福島県の南側から中心部へ西から東へ向かって走るコースです。ゴール地点は、福島県郡山市にある「開成山公園自由広場」。溶着予定時刻は18:30頃となっています。

福島県聖火リレー出走する芸能人・PR担当は7組

福島県の聖火リレー日程や大まかな場所が分かったところで、続いては芸能人は誰が走るのかをご紹介します。福島県を走る芸能人は7組!順番に見ていきましょう。

【1人目:TOKIO】

引用元:https://www.johnnys-net.jp/page?id=artistTop&artist=7

TOKIOにとって福島県は所縁のある土地。日本テレビ系の番組「ザ!鉄腕!DASH!!」で2000年(平成12年)に始まった企画「DASH村」で浪江町の里山を切り開き、農業や家屋の修復などに挑戦していました。しかし、2011年に東日本大震災が起き「DASH村」は立入禁止区域に・・・。震災後の2012年以降は原発事故に伴う風評払拭のため、県産農林水産物の安全性や品質の高さをPRするCMへの出演を続けています。

【2人目:山崎静代さん(しずちゃん)】

引用元:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/02/

お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の「しずちゃん」こと山崎静代さんも福島県と所縁のある人物。しずちゃんは、福島県いわき市にある「常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)」を舞台にした映画「フラガール」に出演していています。

【3人目:俳優・窪田正孝さん】

引用元:https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/

2020年3月30日から放送が始まる連続テレビ小説「エール」に出演する俳優の窪田正孝さん。1964年東京五輪の入場曲「オリンピック・マーチ」などを手掛けた福島市出身の作曲家古関裕而がモデルの主人公役を演じます。東京オリンピックに向け、福島県出身の作曲家という縁で、聖火ランナーへ起用されたような気がしますね。

【4人目:大林素子さん】

引用元:https://www.sankei.com/life/news/180529/

元バレーボール女子日本代表で過去3大会(1988年のソウル、1992年のバルセロナ、1996年のアトランタ)の五輪に出場した大林素子さん。大林さんは現在会津若松市観光大使を務めており、福島県のPR活動に取り組んでいます。

【5人目:遠藤尚さん】

引用元:https://www.joc.or.jp/games/olympic/pyeongchang/sports/freestyle/team/

フリースタイルスキー・モーグルで冬季五輪に出場経験のある遠藤尚さん。3歳の頃に千葉県船橋市から福島県猪苗代町へ移住してきたそうです。高校在学中に全日本ジュニア選手権では2年連続3冠達成した実力の持ち主。また2010年のバンクーバーオリンピックでは7位に入賞。続く2014年のソチオリンピックにも出場し決勝ラウンドに進出し15位という功績を持っています。

【6人目:室屋義秀さん】

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

福島県福島市在住で、エアレースパイロットで2017年に県民栄誉賞を受けた室屋義秀さん。幼少期に幼少時代、『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイに憧れてパイロットを目指したそうです。多くの功績を残し、福島県と共に子ども向けの航空教室を開催するなど、スカイスポーツ振興のために活動中。地元福島の復興支援活動や子どもプロジェクトにも積極的に参画しているそうです。

【7人目:箭内道彦さん】

引用元:https://mainichi.jp/articles/

福島県郡山出身の県クリエイティブディレクターの箭内道彦さん。「広告することは、応援すること。対象の輝きを抽出最大化し、未だその存在に気づいていない多くの人に届け伝えること」をモットーに、多岐に渡りクリエイティブ活動に取り組む人物。東京2020オリンピック・パラリンピック 文化プログラム NIPPONフェスティバル テーマ「東北復興」クリエイティブディレクターに就任されています。

福島県の聖火リレーでは7組もの芸能人などがPRを行います。福島県出身のみならず、2011年の東日本大震災を受けて復興にをテーマに、県外、国外にPR活動をしている方も多く、東京2020オリンピック・パラリンピックへ向けたスタート地点として県が胸を張ってアピールできるランナーばかりですね。

福島県聖火ランナーの出走日時は?

最後に、福島県を走る聖火ランナーの出走日時について見ていきましょう!福島民友さんで出走ランナーの発表がありましたので、その図を引用してご紹介していきます。

【1日目:3月26日(木)】

引用元:https://www.minyu-net.com/sports/running/seika-runner.php

しずちゃん:3月26日(木)11:43スタート?

しずちゃんは福島県いわき市を走ります。いわき市のスタートは「いわき陸上競技場」!公式サイトから発表されている地図を元に、しずちゃんが走るルートを予想しました。

スタートの「いわき陸上競技」から 「いわき芸術文化交流館アリオス前」までをしずちゃんと中学生の2人で分担して走りそうです。全走行距離は約4.8km。この距離を約70分で繋がなければばりません。

しずちゃんは「いわき陸上競技場」から1.5~2km程走った所で次の走者へと聖火トーチを渡すのではないでしょうか?

TOKIO:3月26日(木)19:07ゴール?

スタートの「南相馬市役所」から「雲雀ヶ原(ひばりがはら)祭場地」までの約3kmを走ります。この区間もTOKIOと小学生のランナーの2組で走ることになるので、この区間も分けて走りそうです。

1日目のゴールという大役をTOKIOが担うような気もします。予想では、TOKIOが「雲雀ヶ原(ひばりがはら)祭場地」に聖火トーチを運ぶのではないでしょうか?

【2日目:3月27日(金)】

引用元:https://www.minyu-net.com/sports/running/seika-runner.php

窪田正孝さん:3月27日(金)12:50スタート?

スタートの「信夫ヶ丘陸上競技場」 から「福島県庁西庁舎前県民広場」までの約5kmを走ります。この区間のランナーは窪田さん含め5人。一人1km程度の聖火リレーになるのではないでしょうか?

窪田正孝さんはスタート地点である「信夫ヶ丘陸上競技場」から約1km走り、次のランナーへ聖火トーチを渡すのではないかと予想します。

遠藤尚さん:3月27日(金)14:41スタート?

スタートの「葉山第3ファミリーリフト横」から「葉山中央駐車場」までは450m程のあっという間の距離です。この区間を2人で走ることになるのですが、スタートがスキーコース上ということもあり、遠藤尚さんはスキー選手ということもあり、もしかしたらスキーの格好で聖火トーチを持つのかもしれませんね!

遠藤尚さんはスキーをしながら聖火トーチをもち、リフト下まで滑ってきて、次走者へ渡すことを予想します!

大林素子さん:3月27日(金)19:40ゴール?

会津若松駅の近くからスタートし、南下して「鶴ヶ城公園内」を目指して走っていきます。ここの区間のランナーは5人。約3.7kmの区間を5人で走ることになるので、一人750m走るかどうか程の距離です。

2日目の最終は「鶴ヶ城公園」ということから、大林素子さんはここの最終区間を走り、福島県の2日目を締めくくるのではないかと予想します。

【3日目:3月28日(金)】

引用元:https://www.minyu-net.com/sports/running/seika-runner.php

室屋義秀さん・箭内道彦さん:3月28日(土)18:33ゴール?

スタートの「郡山西口駅前広場」から「開成山公園自由広場」までの約4.5kmを5人のランナーで繋いでいきます。室屋さん、箭内さんともにこの区間を走ることになっています。一人約1km程の距離を走ることになりそうですね。

室屋さんか箭内さんのどちらかが、または2人共に走り、ゴールの「開成山公園自由広場」まで聖火トーチを運んできそうですね。この区間が福島県聖火リレーの最終区間というのも最終ランナーの見せ場になりそうです。 

福島県聖火ランナーのまとめ

いかがでしたでしょうか。

東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレーまであと僅か。今回は福島県の聖火リレーについて芸能人・PRランナーはどこを走るのか、コース図や日時についてを予想してみました。

福島県を走る芸能人・PRランナーは全員で7名!全員福島県に所縁ある方々でしたね。もうすぐで聖火リレーの詳細について発表があると思いますので、何か新しい情報が入り次第追記していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました